片付けたい片づけたいと思いながらもままならない日々を過ごしておりますが、それでも少しずつ断捨離。
 

 
この他に衣類が45Lのごみ袋5袋分。
あれだけ捨ててきたのにまだ出るとはどんだけ。
 
 
まだどこかで需要を迎えられそうな衣類などについては、ブランド買取店や、もうワンランク下の物も引き取ってくれそうな最寄りのリサイクルショップへ持ち込む予定です。本当は一気にあっという間に処分したいので、焼却場に持ち込んでしまおうかとも脳裏によぎりましたが、まぁ捨てるのも申し訳ないのでリサイクル店に持ち込んでみたいと思います。
 
ちなみにフリマ的なものの方が高く売れるのはわかっているのですが、なんとなくめんどくさくて気が乗りません。メルカリでガンガン出品している友人がちらほら居て勧められるのですけどね、どうにも手が出ず。
便利らしいのはわかっているんですけどねー
 
 
 
 
そして、上記の需要がありそうなもの以外の、掃いて捨てるような衣類や雑貨がたくさん残ったのですが、捨てるのもなんだかしのびないので、キングファミリーオフハウスに持ち込みました。衣類だけでも45Lの袋に3つ以上。両店で合わせて1,300円ちょっとになりました。分別して捨てる手間を思えば、たかだか1,300円とはいえラッキーでした。
  
しかし今回処分したものを夫に見られでもしたら、『あんなに欲しがって買ったくせに・・・』と言葉にならない圧力を掛けられたに違いない。あな恐ろしや。
やはり物を買うときは、『欲しい!』というその場の需要や煩悩だけではなく、ちゃんと行く末まで見据えて判断して買わなければなりませんね。
 
 
ちなみにオフハウスさんは衣類については季節もの以外は引き取りできないということでした。
キングファミリーさんの判定基準はその服が売り物にできるかできないかだけなので、季節問わず。しかしどんないいものでもキロいくらなので、賢く利用したい場合は持ち込むものを選ばないといけませんね。
 
 
 
 
 
 
 
 
ところで今回上記の物の他に複雑な気持ちで処分することにした大物がこちら。
   

 
子供たちがたくさんたくさんお世話になったハイローチェアです。
上の子が寝返りもしない赤ちゃんの時から、下の子のダイニングチェア替わりにしていた最近までずっと大活躍してくれたこのベビー用品。でかいし場所取るしパーツ多いし掃除するのが面倒だったし、とにかくその見てくれや存在感は好きじゃなかったけど、これのおかげで助かる場面のたくさんあった物だったので大活躍してもらいましたし愛着はありました。
 

持ってたやつのシリーズは廃盤になっていた模様。
 
 
が、いよいよ下の子の食事の場面にこの椅子が合わなくなってきたので、こちらの椅子を卒業することに。
ベビー用品のリサイクル店に持って行ってもいくらにもならないのはわかっているのですが、捨てるより誰かに使ってもらいたいので引き取ってもらうことに。ちなみに140円でした。捨てるなら有料捨てるなら有料・・・。
 
 
子育て中に必要なものは、子供の成長とともに不要になっていきますね。ベビー用品は大きい物や片付けにくいものが多いしデザインも合わなかったりするものが多いので、処分できるのはホッとする部分がありますが、その反面、卒業していくことに寂しさも憶えます。
 
衣替えをしながらサイズアウトした服を見るたび感じてる。
成長は嬉しいけど母はいつもちょっとだけ寂しいです。
 
 
 
 
おしまい。
 
 
 
お読みいただきありがとうございました。
ポチッとしていただけると大変励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
 
 
 
 
 
 
 

スポンサードリンク