老眼鏡、今はリーディンググラスっていうんですって。
『老』眼鏡という響きに抵抗がある世代が増えてるんだなと時代の流れを感じますね。
ちなみにその抵抗を感じている世代である30代後半の私は新たな呼び方に優しさ感じておりますー。
 
 
そんなわけで、30余年ずっと裸眼で過ごしていた私ですがスマホの使用時間の増加とVDT作業が増えたことによりあっという間に老眼が進んでしまいました。
子供が『見て!』と突き出した手元が見えなくてグイッと押し戻したときに気付いたよね。あ、コレもしかして・・・って。そして実家の母の老眼鏡を何気なくかけてみた瞬間、その疑惑が確信に変わりました。ひー。
 
 
 
 
で、それまでPC等作業にはずっとブルーライトカット眼鏡を使っていたのですが、最近はリーディンググラスを併せて使うことも増えておりました。
『併せて使う』ってもう言葉通りこんな感じ。
 

 
まさかの重ね付け。

今ある物を有効に活用したいし、これで機能的には十分間に合っているとはわかっていたのですが、見づらいし耳は痛いし人には見せられたもんじゃないし、さすがにこれは買い替えても罰は当たらなかろうと思いました。
 
 
 
で、楽天セールでこれを購入。

 
しかも楽天セール開始一時間限定半額クーポンによって3,500円が1,750円!お買い得!
半額クーポンは終わってしまいましたがセール中は30%OFFのクーポンが出ているようなので、2,450円で買えますよー。
 
 
 
選んだデザインはウェリントンです。私ウェリントンって結構似合わないのですが、レンズが大きい方が見やすかろうと名よりも実を取りました。
 

 
これで眼鏡二つ使いともおさらばだ!
似合う似合わないよりも見やすくて目に優しいことが重要です。掛け心地上々、視界良好、読みやすさバッチリ(かけた時の似合わなさもなかなか)、これでパソコン作業が楽になりそうです。
 
 
 
 
 
ブルーライトカットって本当に効果あるの?とか思いますが、私が使ってみての感想としては、無いよりあった方が目と頭が楽だと感じております。実際にかけた状態でPC画面などを見てみるとほんのり黄みがかって見えてまぶしさが軽減されているのがわかります。
ブルーライトカットといっても波長の短い一部の光をカットするだけでそれほど変わるのかと疑心暗鬼にもなりますし、実際効果が無いという話もちらほら聞きます。確かにブルーライトカットの眼鏡を使ってずっとパソコンを見ているよりは、定期的に視線を逸らしたり休憩を入れる方が断然目に優しいんでしょうけど、まぶしさや目の疲れから頭痛が始まる私としては少しでも軽減できる材料があるのはとても助かるので、極力この眼鏡を使ってPCなりスマホなりと対峙していこうと思っております。

でも実は疲れているときのPC作業は薄めの色のサングラスをかけた方がずっと楽だとも思ってる。(小声)
 
 
ともあれツールを上手に活用して休みも意識的に取り込んで、目は大事にしていかないと私みたいに早々に老眼が始まっちゃうよということで。
 
 
 
 
おしまい。
 
 
 
お読みいただきありがとうございました。
ポチッとしていただけると大変励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
 
 
 
 
 
 
 

 

スポンサードリンク