先週の話ですが平日にディズニーランドに行ってきました。


 
 
昨年5月に子供たち二人を連れて親子3人で遊びに行きましたが、当時に比べて今は2人っ子の行動力が増しており、方や私の体力はこの一年近くでやや右肩下がり、さすがに1人で2人連れて行く勇気が湧かずにおりました。が。今回はなんと助っ人でディズニー大好きな叔母が付き添いで来てくれました。こ、心強い!
 
ベビーカーを押してくれたり
出奔しようとする子供を捕獲してくれたり
トイレやオムツ交換の際にもう片方を見ててくれたり
2人乗りのライドに分かれて乗ってくれたり
道案内やアトラクションの提案をしてくれたり、
本当に助かりました。
 
 
自分1人で子供2人も頑張ればいけますが、制約をできるだけ解除しようと思うなら、子供1人に対して大人1人はやはり必要かもしれません。
実際のところ親1人子2人で遊びに行った時は、お姉ちゃんに『乗れるもの/乗れないもの/食べられるもの/食べられないもの』を事前によく言い聞かせて理解してもらってから向かいました。(当時妹アレルギー有)片方が小さければ小さいほど、制約が出るのはやむを得ません。
 
関連記事/親一人子供二人でディズニーランドに行きたい 準備編準備編その2直前編
関連記事/親一人子供二人でディズニーランドに行ってきました!(当日編)
この時↑の準備はかなり入念でした。

 
 
 
 
でもそんな悲観的なことばかり言ってちゃ仕方ない!
来園者に優しいディズニーリゾートですから、リサーチだけしっかりしておけばなんとかなりますよ。
 
今回は伯母がいてくれたので、最小限の目的と、目的に対するスケジュールを調べて、ランチのプライオリティシーティングを取るくらいの事前準備で向かいました。
 
 
 
ちなみに今回の我が家の目的はイッツアスモールワールドです。
これ、子供と3人で行った時に下の子がとても楽しそうに乗っていたのが印象的だったのですが、リニューアルに伴い3月1日から1年ほど休止になってしまうと聞いて、それならば休止になる前に一度下の子を連れて行ってあげたい!と思ったことがきっかけで今回の計画が発足。ディズニー大好きで年に4~5回は行っている伯母が、年末に仕事を辞めて時間に融通が利く状態だったので、私がこの話をしたら喜んで自ら話に乗ってくれて実行することができました。
 
 
というわけで、私の目的はイッツアスモールワールドに2周乗ることと、子供たち用のかわいいヘアゴムをお土産に買って帰ることの2つ!
子供のペースでケースバイケースになるので目的は最小限に留めました。
 
リサーチや準備や予約はできるだけしておいた方が無難ですが、あれもこれもと盛り込んでも、子供たちのご機嫌や都合でリスケジュールやキャンセルは起こりえます。なので、やりたいこと・行きたいところ・食べたい物・見たいものは優先順位をつけて考えた方が、何かあった際にも次の案に柔軟にシフトしやすいと思いますよ。
あと、子供達との意見のすり合わせも事前にしておけると、意見の食い違いが減ってスムーズになると思います。
 
 
 
 
 
 
服装と持ち物

さて、冬のディズニーと言えば装備が気になるところかと思います。
しかし今回は2月に入ってから天気予報&天気図をチェックし続け、比較的風邪が穏やかそうで寒くなさそうは日を選びに選んで出かけて行ったので、さほど寒い思いをせずに済みました。
予想最高気温13℃、風も午後から南風で、日当りのいい場所だったら上着を脱ぐ機会がちょこちょこあるような陽気の日でしたので、気負って重装備をすることもありませんでした。
 
ちなみに子供たちの服装は、裏起毛トレーナー・タイツ・ジャンパースカート・中綿のジャンパーコート。帽子も手袋もレッグウォーマーも必要ありませんでした。
私は、薄地のデニムシャツワンピース・ヒートテックインナー・ヒートテックレギンス・薄手のレッグウォーマー、厚めのダウンベスト・ニット帽、という比較的薄着でした。外では日陰や陽が傾き始める頃などはさすがに少し寒く感じましたが、屋内で暑くなって脱いだり、外に出て寒くて着たり、という着脱が少なくて済む格好を選んで行きました。子供がいるのに自分の脱ぎ着までしていたら、手荷物が面倒なことになりそうだなと考えての選択です。夜になる前には退園してきたので寒くて凍えるようなことありませんでした。しかし夜までみっちり遊び倒すなら、日中どれだけ暖かく感じても完全武装の防寒スタイルで挑むのが正解だと思います。
 
 
 
もう一つちなみに持ち物。リュックとショルダーバッグの二つ持ちをしました。
リュックの中身は、
 長女の着替え
 次女の着替え
 次女のおむつとおしり拭き
 ティッシュ
 ウエットティッシュ
 次女の食事用エプロン
 薄手の大判ストール
 ハンドタオル
 エコバッグ
 ビニール袋
 絆創膏

ショルダーバッグは貴重品他を
 財布
 スマホ
 リップ
 ハンドクリーム
 パスケース
 鍵
 子供達の保険証
 
ベビーカーも持参し下のかごにも荷物
 レジャーシート
 だっこ紐
 厚地のブランケット
 子供たちの飲み物
 ポップコーンバケット
 
子供たちはそれぞれミニーのポシェット型のパスケースを持たせて、その中に各々が好きな物を入れて持参していました。妹が朝の食べ残しのおにぎりを(笑)、姉がミニーのスマホ型のおもちゃを入れて持ち歩いていたようです。そして使用済みのパスポートを入れさせて、自分専用のパスポート気分を味わってもらいました。(当日のパスは伯母が一括管理)
 
 
 
 
 
 
当日の混雑具合

私たちが言ったのは2月半ばの平日の木曜日。閑散期と聞いてはおりましたが、思っていたよりは学生と思われる若者であふれておりました。
2月中旬はちょうど公立の高校入試と被る日が多いみたいですね。この日は神奈川県の公立高校入試の日で、神奈川県民の比率がかなり高かったのではないかと推測されます。若者が多かったので派手なアトラクションの類は混雑していたようですが、おこちゃま向けのアトラクションはそんなに混んでいる印象はありませんでした。
あ、でもミニーの家は10代から20代前半と思われる女子で占拠されてたなー。いつもは子供ばかりなのに。
 
2月の閑散月の空いている時期に行きたいなら、前半のほうが少ないみたいですよ。入試もまだ無いみたいだし。
 
 
あと、閑散期に当たるからだと思いますが、結構クローズの施設が多かったらしく、子供たちが大好きなアリスのティーパーティーや、母の大好きなミートミッキーがクローズ。がーん。乗る予定なかったけどスプラッシュマウンテンもクローズでした。
毎度どこかしらクローズしてるイメージなのですが、ランド&シーのプロの伯母曰く、『結構閉まっている施設が多いねぇ』だそうでした。
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
さて、以下は当日の、平日日帰り&短時間のゆるっとしたタイムテーブルです。
おヒマな方、参考になるかもしれないから知りたい方はどうぞお進みください。
 
 
 
 
 
7:40 自宅出発
9:55 ディズニー到着
立体駐車場が嫌だったので、料金所で平面駐車場に入りたいと伝えると、案内用の紙をもらい、平面駐車場に入車できました。立体駐車場のエスカレーターエレベーターがあまり好きでない私。伯母も賛同。
駐車料金は平日なので2,500円。(土日祝3,000円だそうです)
 
 
10:10 パークイン(入園)
 
ベビーセンター
まずはココで下の子のオムツを替えて、子供たち用の迷子シールをもらいました。


こーゆー目隠しシールのもの
 
 
バズのファストパスゲット
私がベビーセンターにいる間に上の子が乗りたいと言ったバズのファストパスを取りに伯母が向かってくれました。
ついでに伯母がワンマンズドリームの抽選に当選


は、はじめてー!
 
 
フローズンファンタジーパレード
イッツアスモールワールドに乗るためファンタジーランドに向かう途中、スタージェットの横あたりで フローズンファンタジーパレードに出くわしました。歩行者用通路を塞いですぐの最前列(立ち見)を陣取ることができて、子供たちは釘付けでした。


ちょうどエルサのフロートの正面でしたよ。
 
 
イッツアスモールワールド(アトラクション)
パレードが終わる直前に伯母の勧めでその場を離脱。一目散にイッツアスモールワールドへ。5分待ちでした。
私達が出て来た後はパレードが終わってから移動して来たと思われる人達で溢れかえり25分待ちになっていたので、伯母の判断は正しかったようです。
妹ちゃんは終始歌に体を揺らしながら、楽しそうにあちこちキョロキョロしていました。自己満足かもしれないけど、連れてきて良かった!


今の時期だけ配っているというラゲッジタグカード。カワイイ。
 
 
フィルハーマジック(アトラクション)
ダンボに乗りたいお姉ちゃんでしたが25分待ち。待つことは難しい気がしたのでもう1つのリクエストだったフィルハーマジックに移動。15分待ちでした。
おばさんになった私は3Dの焦点をうまく合わせることができず、目が疲れました。昔はこんなことなかったのに。。。
 
 
11:50 ファストパスを使ってバズライトイヤーのアストロブラスター(アトラクション)
パークインすぐに取りに行ったファストパスの時間だったのでバズのアストロブラスターへ。子供を含めると3人で乗れます。今回は2-2に分かれて乗りました。
 
 
12:05 センターストリートコーヒーハウスでランチ
本当は11時半に取ってあったプライオリティシーティングでしたが、すっかり遅れて12時ギリギリに。
ダメ元でキャストさんに聞いてみたら、入れてもらえることとなり、10分弱待ってから入店できました。ありがたい。
妹ちゃんが小さくて待つのが大変なのと、お姉ちゃんが断固としてお子様ランチを所望していたのとで、スムーズに入れて助かりました。
子供たちはドリアがメインのキッズプレート、伯母がチキンのプレート、私がバゲットサンドプレートというベジタリアンでもオッケーなプレートを頼みました。
私はベジタリアンではありませんが、子供達が残したものを少なからず食べることになるだろうと軽めのものを選んだつもりでしたが、結構食べ応えがありましたよ。おいしかったし苦しかったー写真撮り忘れたー。
 
 
13:00 食事終了&会計
 
 
ベビーセンター
またしてもオムツ交換とトイレ休憩。
 
 
13:20 ポップコーンを買う
ミニーのリボンシェイプのバケットをもっていたので、スウィートハートカフェ前のワゴンでキャラメルポップコーンのリフィルを。
4人くらい並んでいましたが、伯母曰く、『土日だと向こうの方まで行列』だそうです。
 
 
ガジェットのゴーコースター
お姉ちゃんリクエストのコースターへ。25分待ち。妹ちゃんと伯母はトゥーンパークで遊んでいたようです。
怖がりのお姉ちゃんでしたが、今回は楽しめた様子でした。母は『ひぃぃぃ』って言ってただけ。絶叫系は得意ではありません。
 
 
14:10 トゥーンタウンでハピネスイズヒア(パレード)
ガジェットのゴーコースターのあと、伯母たちを探しに向かうと、ちょうどハピネスイズヒアのパレードが来るところだったらしく、パレード待ちの人だかりの中に姿を見つけて一緒に観ました。
後ろの方でしたが、ちょうどベンチの場所が空いていて、子供たちはそこに立って(靴は脱いだ)自分たちで観ることができました。
 

 
たぶんトゥーンタウンデリバリーカンパニーの横です。
トゥーンタウンはフロートの通る通路の片側が木立になっていて、キャラクターが必ずこっちを向いてくれるのでパレード観賞にはオススメだそうです。(叔母談)
 
 
14:40 ワンマンズドリーム(ショー)
時間が迫って来たので移動し、ワンマンズドリームのショーベースへ。当たったことなかったので初めて観ましたが楽しかったー!最初の白黒ミッキーが微動だにしないのとか、ダンスとか、様々なキャラクターとか、見所満載でした。
しかしお姉ちゃんは劇が始まるのだと期待してたらしく消化不良な反応でしたし、妹ちゃんに至っては寝てました(笑)


あいかわらずミッキーはカッコいい!
 
 
15:20 ポップコーンを買う
バケット1つだとポップコーンの取り合いになってうっとおしかったので、妹ちゃんにレギュラーボックス スーベニアポップコーンケース付き(長い)を買いました。本人は自分専用がお気に召したようでずっと肩にかけていました。(そしてずっと食ってた。)


アナ雪の絵柄。後ろのは以前買ったバケットです。

小さくてちょうどいいサイズ!と思ったのですが、口の開け閉めはマジックテープで留める形式で締まりが甘いので、湿度の高い時期はポップコーンがすぐ湿気ちゃいそうですね。あと、妹ちゃんが口のマジックテープに袖を引っ掛けてしまい、ポップコーンの中身をぶちまけてスズメがわんさか寄って来るというトラブルもあり、キャストさんがスズメを追い払ってました。ごめんなさい。皆様ご注意ください。
 
 
ミニーの家
女子で大混雑でした。
 
 
キャッスルカルーセル(アトラクション)
妹ちゃんの大好きなイッツアスモールワールドにもう一度乗ろうとしたのですが、お姉ちゃんが拒否。仕方なくすぐ乗れそうなキャッスルカルーセルへ。
馬に乗って動き出すのを待っていると、柵の外が人だかりに。何事かと見回してみたら、アリスとベルも乗馬してて、ギャラリーが騒然としてました。
 
 
16:35 スイートハートカフェでおやつのパンを購入
帰りの車で食べようと。マイクのメロンパンが可愛かった!
 
 
16:40 トイステーションで子供たちのおもちゃを購入
込み合う時間帯だったようで、ゆっくり選ぶ気になれず、お姉ちゃんが欲しいと掴んだ光るステッキを2つ購入して退店。
 
 
16:50 ハリントンズジュエリー&ウォッチ、ワールドバザール・コンフェクショナリーでお土産を購入
お土産のお菓子を少しと、子供たち用のヘアゴムを購入。
 
 
トイレに寄ってから車に戻る
ワールドバザールを出てカメラセンター横のトイレで用を済ませて車に戻りました。
 
 
17:00 駐車場を出発
20:00過ぎ 自宅着
首都高が混んでて渋滞1時間。2時間で着くところ3時間かかりました。
また、パーク内では子供を抱っこしている時間が長かったこともあり、脚がガクガクで、途中のSAで休憩した際はまたしても膝が笑っておりました。
もうほんと、隣に伯母さんが乗っててくれて助かりました。
 
 
パーク内の半分くらいの時間は下の子をだっこしていたので、疲れ切っていたので帰って子供たちをお風呂に入れて、ご飯を食べさせて、寝かしつけるのも大変でしたが、何とか最後の最後まで任務を果たすことができました。
疲れたし、しばらく連れて行くのしんどいからいいやって思うけど、それでも返ってきてすぐにまた行きたいと思えるあの魅力って何なんだろう。
 
 
 
 
 
 
ディズニーランド、今回も夢をありがとう。
次はそろそろシーに行きたい母です。  
 

 
 
 
おしまい。
 
 
 
お読みいただきありがとうございました。
ポチッとしていただけると大変励みになります!


 
 
 
 
 
 
 

スポンサードリンク