ほしい物があってどれにしようか選んでる時って至福。
そんな今、私が欲しい物欲しい物。
 
フェイクグリーン
 

これ、結構それっぽく見えるのでオススメ。
 
 
どれほど屈強な戦士(植物)であろうと私にかなう者はいなかった(軒並み枯れた)ので、ついに手を出してしまった人工植物。本当は本物の生きているグリーンが欲しいんだけどさ、先日も秋から育てていたチューリップをつぼみが膨らむ前に枯らせてしまい凹んでいたのです。娘が毎日『何色かなぁ』って眺めて楽しみにしていたのに本当にダメな母でごめんなさい。
そういう悲しみを乗り越え、私は新たな境地(人工植物)にたどり着いたのであった。
 
もうね、光触媒っていう大義名分があれば偽物でもいいかなって思うようになりました。
 
 
 

こーゆーのとか
 
 

このぐらいのサイズ感がいいなぁ。
 
 

このオリーブも素敵
 
 

ちょっとサイズアップするけど、こちらのオリーブは幹が本物のフェイクグリーン!
 
 
我が家のリビングはあまり背の高い位置に物を置くスペースを作っていないので、グリーンを置くとしたらどうしても床や低い位置に置くことを考えなくてはなりません。しかし時折怪獣に変身する1歳児と4歳児のいるのでそれはあまり現実的ではなく。
それでも玄関のニッチや靴箱の上やトイレやキッチンの棚など小さい物なら飾れる場所がいくつかあるんですよね。そういうところに緑を置くことで雰囲気を変えられたらいいなと思っています。
 
どういうのにするかは旦那様の意見も聞いてみよっと。
 
 
 
 
 
ところで、あちこち見ているうちににCT触媒という単語が気になり調べてみました。
光触媒が紫外線を受けることで酸化還元反応を起こし細菌や悪臭の類を分解したり無効化したりすることに対し、CT触媒は紫外線を必要とせず室温で同様の反応を期待できるものだそうです。
 
フェイクグリーンって基本的に室内のインテリアにするものだと思うんですけど、室内であれば紫外線を受けるのは結構限定的になるだろうし、だったらCT触媒の方が効率的なのではなかろうか。と、いうわけで選べるならCT触媒にしようと思います。
近くにいたら私も還元反応起こしてもらえないだろうか・・・。
 
 
・・・酸化しちゃったりして。
 
 
 
おしまい。
 
 
 
 
 
 

スポンサードリンク