夏に買ってもらったバッグ、気に入っていて、服装や場面に応じて大切に使っております。
 

 
容量もほど良く、収納力はばっちり。
冠婚葬祭のフォーマルに使うにはやや大きめな感があるし、型押しや胴帯が気になるかもしれませんがある程度オールマイティに使えて重宝しています。
 
 
 
 
が、しかし。
このバッグ、手に取った時から思っていたのですがファスナーが固い。
 

 
ファスナーが固いのって結構ストレスです。
クレ556でも吹いてしまいたいと何度となく思いましたが、革が汚れてしまうのはイヤなので思いとどまりました。
 
 
 
 
で、いろいろ調べてみたら、ワセリンがお手軽でお手頃で効果があるらしいとの情報を発見。ワセリンは子供のお肌のお手入れ用に常備してあるし、これなら垂れて革まで汚すということは考えにくいと思いさっそく実行してみました。
 


ぬりぬり
 
綿棒にうっすらと取って、金属部分だけに塗ります。
 
 
 
 
 
で、途中まで縫って気が付いたのですが、油分を補えばいいのであれば革製品用のクリームでもいいんじゃないか。
 

 
ということで途中からはこちらのクリームをぬりぬり。
 
<
 
革用クリームなら革部分に付いてもシミを心配する必要がありませんもんね。
 
 
 
 
結果としては、どちらも滑りが良くなりました。
 

 
なので、持っていれば革用のクリームを、無ければワセリンを塗るといいと思います。
 
 
上手くいったので夫の新しい財布のファスナー(固い)にも塗ってあげようとしたら、すでに夫の手の油分が潤滑油になって滑りは好調になっているそうで必要ないと断られました。ちぇっ。
 
 
 
 
おしまい。
 
 
 
お読みいただきありがとうございました。
ポチッとしていただけると大変励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
 
 
 
 
 
 
 

スポンサードリンク