我が家は飲み水の半分をペットボトルのミネラルウォーターに頼っております。
 
で、今せっせと空のペットボトルを溜めているところ。
 

 
空のペットボトルを何に使うかというと。
 
 
 
これ(米)を
 

 

 
こうして
 

 
 
 
こうだ!
 

 
  
 
 
 
正月明けにおじいちゃんからいただいたおじいちゃん作のお米、玄米30kg。いつもは貰った紙袋に入れたまま、5kgくらいずつ出しては精米機にかけに持ち出しておりました。他に保管のしようもなかったので。
 
しかし今回頂いた米袋、いざ開けてみようと思ったら、袋の口が織り込んであるところ(袋の外側)にコオロギの様な虫の干からびたものが入っていた上に、なんだかわからない白いシミが・・・。
虫嫌いの私、一人自宅で悲鳴を上げました。ギャー! (きゃあ、なんてかわいい声は出ません。)
 
実際に受け取った夫に聞いてみると、保管してあった場所が、雨風しのげる屋根のあるところに置いてあったということだったのですが、それでも屋外に当たる場所だったらしく、MUSHI(漢字も見たくない)の一件も納得。しかし、もはやその紙袋を一刻も捨てたい私は保管方法を変えるべく、せっせとペットボトルを溜めていたのでありました。
 
 
 
おじいちゃんのお米は、味も香りも、作り手の存在も一級品なので、大切に頂きます。
おじいちゃんは、近所の人たちが皆高齢になり田んぼをやめてしまう人が次々と出てくる中で、土地を放っておくわけにはいかないと、人様の田んぼまで可能な範囲ではありますが耕してきた人。自分が善い行いをすればその後の子孫に善いことが返ってくるからと言って、何事も誰かの為に動く、ステキなおじいちゃんです。そんなおじいちゃんが作ってくれたお米ですから、とにかくおいしくて仕方ありません。大事に大事に一粒も無駄にしないよう頂きます。
ちなみに私からすると義理の祖父。でも大好き。おばあちゃんも大好き。ずっと元気でいて欲しいです。
 
 
 
 
 
さて、ペットボトル一本の重量ですが、
 

 
一本が1.85kg。
画像では5本しかありませんが、最終的に6本できたので、1.85kg×6本=11.1kg。
引出しの耐荷重量がどれほどかわからないのですが、最高でも20kg超にはなると思うので、耐えきれるかはちょっと心配なところです。(消費の速度とペットボトルの空き次第)
 
 
 

 

 
まだまだ袋にたくさんあります。
残り13.35kg、ペットボトル7本は必要です。嬉しいやら困ったやら。
・・・いやいや、嬉しいよ!おじいちゃんお米ありがとう!
 
 
 
 
 
で、完成品のペットボトルですが、ちょうどシステムキッチンの収納の一番端の下ががら空きだったので
 

 

 
ここに収納することにしました。滅多に開けないだろうから光も差し込まないし、恐らく春には食べきっちゃうだろうから、暑さに当たることもないと思います。
 
 
 
 
 
 
米びつは米びつで精米後のお米を保管するのに使っております。INパントリー。
 

 
米櫃を廃止する予定はありません。
が、夏場の保管もこれでいいのかは悩んでおります。(湿気やDANI対策等)
 
 
今回システムキッチンの一部に保管することにしましたが、本来コメの類は冷暗所で保管するのがベスト。一般家庭なら冷蔵庫ですね。しかし我が家の場合は玄米だということと、玄米の量が多くて入りきらないことにより、この保管方法になりました。
何なら米櫃もパントリーでの保管をやめて、冷蔵庫に入れたいところなのですが、冬だし乾燥する時期だし、しばし保留です。(そういって去年も夏に突入してそのまま夏を越しました。。。)このままペットボトルで精米後のお米も保管すればいいじゃないかとも思うのですが、私が実際にお米を炊く準備をする時に『出しすぎて溢す』を繰り返すというのが容易に目に浮かぶので、実行する気にはなれません。
 
一時期悩んでやめたこれを導入しようかな。

冷蔵庫用米保存容器 約2kg用

 
いや、これも溢しそうだわ(笑)
 
 
ちょっと、夏が来るまでにちゃんと考えたいと思います。。。
そして玄米のペットボトル移行はまだまだ続く。
 
 
 
 
 
 
おじいちゃんのお米が終わってしまったら買う予定なのは、お米の専門店 穂っかりもちさんのこしいぶき。

 
以前友人のお祝いのお返しでいただいた胎内産特別栽培米のコシヒカリが本当に美味しくて、それよりお手頃で(ココ重要)それに近い美味しさの物を探して辿り着いたこちらのこしいぶき。お値段よし味よし香りよし。おじいちゃんのお米に近い味わいのお米を求めて、おじいちゃん米が切れる度にジプシーしていたのですが、今はすっかりこちら一筋。
ちょっと残念なのは分づき米を選べないこと。精米の選択肢を増やしてください穂っかりもちさん!!
どうしても分づき米が食べたい場合は玄米を選んで自分で精米するしかないかな。

 
 
 
おしまい。
 
 
 
お読みいただきありがとうございます!
ポチッとしていただけると大変励みになりますのでお願いいたします。


 
 
 
 
 
 
 

スポンサードリンク