週末に行ってきた義実家。
おばあちゃんに会えたし、2年半ぶりくらいにいとこにも会えたし、田舎のひいおじいちゃんの家でも大はしゃぎだったし、子供たちは結構楽しんでくれたようです。
まぁ、行き帰りの長時間ドライブは大人も子供も疲れちゃいましたけどね。
 
 
 
子供達のひいおじいちゃんの家、つまり夫の両祖父母宅はそれぞれ別の山の奥の集落にあり、本当に田舎です。田舎者の私が『田舎者』を語るのに恥ずかしくなるくらいの立派な田舎です。
 

 
これは家の前から撮った写真。(曇りなので薄らぼんやり)
左に水色の建物がありそれが一番近い隣家です。パッと見はそれなりに近くにあるように見えますが、坂を下りて畑を迂回するので実は結構遠いのです。隣の家に回覧板回すのも一苦労そう。スーパーも近くにはないので移動販売車が来てました。
 
その代わりにおじいちゃんの家では米から野菜から味噌豆腐お茶まで何でも自分の家で作っていたそうです。(今は高齢になったので農業のみらしいですが)
裏は山だし、タケノコや山菜もたくさん採れるし、下にある沢でスイカを冷やしたり、当たり前のように蛍がいたり、夜は満天の星空を眺めることができたりするそうです。山なので雪もそれなりに降りますよ。
聞いて驚いたのはゴキブリはほとんど出ないんですって。出るのはネズミで、ゴキブリを見たことが無いまま麓の街に嫁いだ義母は、初めてヤツを見た時に『なんてピカピカしてキレイな虫なんだろう』と思ったそうです。(←田舎育ちなので虫は怖くない)先入観がないってすごいことなんだなーと感じたエピソードです。
 
おじいちゃんの家の辺りはなかなか体験できなくなりつつある環境だとも思うので、こういう場所を訪れることができるのはいいことだよなぁと思う反面、四方八方からとめどない虫のアタックが発生する環境なので、虫嫌いの長女が気付いたら一緒に行きたがらないんじゃないかと今から心配しております。
 
 
 
夫の地元では観光らしい観光は一切できませんでしたが(ちっ)、子供が飽きないように時折その辺の公園で遊ばせることも忘れずに行いました。夫やおばあちゃんにスケジュールを任せるとこういうところが幾分怠りがちになりますが、子供たちにちゃんと遊んで楽しかった記憶が残らないと、また行きたい・また会いたいと思ってもらいにくくなるので嫁は頑張って口を挟みましたよ。行くのだけでも一苦労で子供たちは車内に飽き飽きしているのに、着いた先でも移動ばっかりじゃ思い出した時に車の移動しか思い出せないんじゃかわいそうですからね。
 
 
 
 
そして予告通り帰りは中央道を避けて新東名を通って帰ってまいりました。
天気予報でも前々から雪が降る話をしておりましたが、帰路の前夜、付けっぱなしにしていたテレビに『中津川―松本間、雪のため通行止め』と表示された時は予定が狂うとちょっとだけ焦りました。
当日帰る頃になると通行止め区間は半分になっておりましたが、北陸地方に住んでいた経験上日陰の踏み固められた氷道が何よりも怖いので、サクッと新東名をチョイスです。前夜はちょっと困っていた私たちですが、こんな機会がないと東名側通らないだろうしせっかくだから行ってみようと、決まったら決まったで割とノリノリでした。
 
 
新東名高速道路、道そのものが新しいのでSAがとてもきれいで快適でした。どこもかしこも気になるのと、長女のトイレが近かったのとでかなりの数のSAに寄ってきました。
 
寄った中で一番充実してると感じたのは岡崎のSA。
 

 
食べ物のテイクアウトもできる店舗も多ければ、フードコートの店舗も充実。お土産屋さんも広くて、全体としてじっくりと時間をかけて回りたいと思える施設でした。キッズスペースとかも充実してましたよ。あと、駐車場が広いので停めやすいのも〇でした。
 
 
沼津のSAにも寄りましたが、ここは景色が良かったです。
 

 
駿河湾を一望です。
 
 
 
 
道中一番私の心に響いたのは富士山の雄大さ。
 

 
車中からの撮影かつ雲に邪魔されてしまいましたが、巨大な存在感と裾野の広さに圧倒されました。
 

 
こちらも雲で全貌が見えず。(ちっ)
それにしても富士は日本一の山ですね。これは改めて富士山観光したいなぁ、と、夫に猛アピールしておきました(笑)いつか富士山を眺める温泉旅行を計画しようと思います。
 
 
 
 
かなり休み休みのドライブだったので時間は通常の3割増しかかりましたが、結構楽しく帰ってこれました。(大人は)(子供は車中に飽きてた)
 
そして、義実家帰省という大きなイベントが終わったら間違いなく私に襲い掛かるのは洗濯の山でございます。3日間・4人分(+α )の衣類です。(前夜洗い切れなかった分もあるから更に+α )これがもうちょっと楽になると泊りのお出かけももっと楽しいんだけどなぁ。
 
 
 
 
 
おしまい。
 
 
 
お読みいただきありがとうございました。
ポチッとしていただけると大変励みになりますのでお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
 
 
 
 
 
 
 

スポンサードリンク