自分で予想していたよりも私が気に入っている家の中のとあるスペース。
それがココ。
 

 
キッチンの一番奥、ゴミ箱の置いてあるところです。
ここに掛けてあるキッチンタオルやエプロンを取る度、またゴミ袋を入れ替える度に『ウフフ』となります(気持ち悪い)
 
 
 
 
これには理由があります。
無印の壁に付けられる長押の辺りも便利でかなり気に入っているんですが、『ウフフ』のもう一つの理由はゴミ箱にあります。
関連記事/★★★無印の長押をキッチンに付けた話と楽天スーパーSALEのポチレポ。★★★
 
 
我が家、ずっとキッチンにゴミ箱が無かったんです。正しく言うと、ゴミを入れる場所はあったけど、それがゴミ箱ではなかった、という感じ。
 

 ↓
 ↓

マジです。
 
 
ゴミ箱って言うか、洗濯物とか入れるプラカゴにゴミ袋をかけただけ。見苦しいこと甚だしくてすみません。
残念な見てくれですが、しかしこれがとてつもなく便利で、この便利さを越えられそうな(安価な)ごみ箱をずっと見つけられずにおりました。
 
何が便利って、ゴミ袋の幅の広さとかごの広さがちょうどよく、ゴミが増えたら袋を引き延ばすことで、ゴミ袋の容積めいいっぱいまでその場で詰めることができます。我が家で使っているゴミ袋は指定の物の一番大きい袋でたぶん45L。このかごにセットすれば、ゴミ箱はいっぱいだけどゴミ袋は余裕、みたいなちぐはぐな状況には陥りませんでしたし、そのまま捨てられるので大変便利でした。(見た目が気にならなければカゴのゴミ箱はかなりオススメ。)
 
 
 
合理性を良しとする私たち夫婦は、見た目のアレな感じも引っかかりつつ、これで満足しておりました。が、あちこちを整理整頓するうちに、私の中でむくむくと芽生える『これでいいのか』という自責の念。
近所のインテリアショップや家具屋を見て回るも、カゴを上回る使い勝手の良さを見つけられずにいたので、楽天で探し回ります。
 
 
 

その中でずっとこれが欲しかったのだけど、バカ高いので指をくわえるのみ。
(オシャレな友人宅に、同メーカーのシンプルヒューマンのステンレス製のピカピカなゴミ箱が置いてあったのを見た時は、神々しくて眩しかったです。) 
 
 
 
 
で、いろいろ片づけていく中で少しだけ悟ったんですが、あれもこれも付いている物は実際はいらないな、と。ペダル式とか、蓋がゆっくり閉まるとか、二重になっているとか、そういうのは得てしてパーツが多くなり、衛生的に保とうとする時に邪魔になりがちです。だから、ごくシンプルにゴミを入れられる箱があって、蓋があって、できればゴミ袋を引っ掻けられる造りならそれでいいや、ただし大前提は45Lのゴミ袋がセットできる容量で!
 
 
そんな条件のもと見つけたこのゴミ箱。
色は壁に同化できる白一色、余分なプリントの類が一切ないのもすごくいい!(カラーによってはプリントがあります。) しかも予定していた金額よりも安く収まりました。
 

 

2個セットの方がずっとリーズナブルです。

 
 
 
 
 
ゴミ箱一つに私も結構熱がこもりますが、それもそのはず、カゴ生活が長かったですからね。
アパート時代のゴミ箱が壊れて暫定的にカゴを使い始めかれこれ3年近く。カゴ超便利!とか思いながらも、来客時にはさすがに恥ずかしく、この『便利』を引き継げるゴミ箱の登場を心の底では渇望していたので、実際にれっきとしたゴミ箱を設置できた感動たるや筆舌に尽くしがたいものがあります。
 

 
そしてキッチンは白物家電が多いので白いゴミ箱がしっくりきますね。圧迫感もなく、蓋で隠せるし、子供も捨てられるし漁られないし、大容量だし、大満足です。
 
 
 
ちなみに向きが横向きなのは、蓋を開け閉めする時に蝶番部分が壁にあると、壁に当たって壁紙が削れてしまうので、それを避けてのことです。
 

 
これなら開け閉めしても、当たるのはウォーターサーバーなので削れる心配もありません。(削れても構わないし)
 
 
 
 
お気に入りの場所があるっていいですね。小ぎれいにまとまっているし、ちゃんとゴミ箱があるし(ゴミ箱ですよゴミ箱!)、このスペースは見る度に心が弾みます。これからもこういう嬉しいスペースを家の中にたくさん作っていきたいなと思っております。
 
そんなゴミ箱一つで浮かれちゃってる人の話でした。
 
 
おしまい。
 
 
 
お読みいただきありがとうございました。
ポチッとしていただけると大変励みになりますのでお願いいたします。


 
 
 
 
 
 
 

スポンサードリンク