我が家の二人の娘はともに11月生まれです。長女が前半、次女が後半、誕生日パーティーは二人の間の週末の日に合同で行っております。(後である次女が長女のプレゼントを羨ましがって取り合いになるだろうから一緒に渡してしまいたいというのが合同の理由)
 
 
なので、長女の誕生日は基本的にスルーです。
でも誕生日当日に何も無いのでは少し寂しいので、誕生日の前日にクリスマスの飾りつけをし当日は長女と二人でミニケーキ作りをしました。
 
ケーキと言っても小さく焼いたホットケーキに出来合いのクリームといちごを挟んだだけのショートケーキもどき。
 

 
でも自分でデコレーションするのが楽しいみたいで、毎年恒例の誕生日当日のこのケーキ作りを本人は喜んでくれます。クリームを塗ったそばからすくってつまみ食い。いつもならたしなめますが今日だけ特別におとがめなしです。それにいちご大好きな子供たちは久しぶりに見るいちごに大喜びでした。
 

 
次女の分はママ製。
 
 
以前スポンジから作ってクリームもちゃんと泡立ててケーキを作ったことがありますが、出来上がりの中途半端さに私には向いてないと感じたので、平日誕生日のとりあえずのケーキはホットケーキで代用しております。でもこれ、作るのも片付けも楽だし意外にこれで充分子供たちは楽しんでくれるので、折り合いの付け所としてもちょうど良かったなと思っております。
 
自分の身の丈・能力の幅を理解して背伸びせずにすむ方法を選ぶのも、楽しく暮らすためには大切です。肩ひじ虚勢を張って頑張るのも力の底上げには必要なことだしカッコいいことなんだけど、身の丈に合わないと後から疲弊するし、疲れてイライラするくらいなら子供たちの前ではできるだけ笑っていられる方を選ぶようにしています。このケーキもどきもそうですし、例えば公園で遊ぶついでのピクニックは弁当を作らず出来合いの物を買って持っていくとか。
結果楽しかったと言ってもらえたらそれでいっかなと。(前もってお手製弁当を強く希望されたら諦めて作ります。)
 
 
 

 
すっかり大きくなったお姉ちゃん。日々成長に驚かされます。
誕生日の次の日は園でのお泊り会がありました。ママっ子でママが居ないとすぐ泣く泣き虫だったのに、初めてのお泊りに意気揚々と出かけていく姿に母の方が寂しくなってしまいました。
心根の優しくてちょっと気が小さいお姉ちゃんですが、これからも元気に成長してくれたら母は嬉しいと思っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ところでいちご大好きな子供たちの手前、今回のケーキにいちごはマストだったのですが、
 

 
出回り始めだからやむなしとは言え、このいちごを求める者を阻む価格設定。
陳列棚から取る時とレジでピッてされた時の2回ひるみました。いっそショートケーキを買ってきてしまおうかと思ったわ。
 
 
今月後半の次女の誕生日にもう一回これやるつもりだったんだけど、その時もまたいちごでひるむんだろうなと思うと、次女の時は違うことをしようかなと少し揺らぎます・・・。
 
 
 
 
 
 
おしまい。
 
 
 
お読みいただきありがとうございました。
ポチッとしていただけると大変励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
 
 
 
 
 
 
 

スポンサードリンク