サンドイッチなどを作る時に余るパンの耳。
 

 
子供たちは食パンが好きなんですが、耳は嫌がります。選り好みして全く食べないよりはとパンの耳は落とすこともしばしばあって、切り落とした耳は全てビニール袋に入れて冷凍庫に放り込んで保管しています。
 
で、私はたまにこれでフレンチトーストを作るのが好きだったりする。
 
 
 
 
 
今日のランチ、冷蔵庫にもパントリーにもめぼしい食べ物が無く途方に暮れていたところに実家から蜂蜜が届いたので、パンの耳でフレンチトーストを作りました。
 

週末に買い物に行ったら養蜂屋さんがお店出してて安く買えたらしい。
 
 

 
 
器の中に卵液の材料を入れてかき混ぜて、パンの耳ぶっこんでバターを少しだけ乗せて、
 
 

 
あとはオーブン頼み。
 
 
 
夫の分を作る時はちゃんとボウルで卵液を作ってパンの耳もキレイに並べてから浸してしばらく馴染ませてから焼くし、夫はとろとろでしっとりしてバターの効いた王道的なフレンチトーストが好きなのでいつもはそうなるように卵液を作りますが(何ならバゲットを買ってきて切ってわざわざ少し放置したやつを使ったりする)、今回は割とどっしりがっしりしている方が好きな自分用に卵多めだし、作り方も超テキトー。
 
 

 
器が汚いけど、とてもいい匂いでおいしそうにできたー。
フレンチトーストってゆーかバター入れなかったし、これパン(の耳)プティング??
 
 
 

 
普段一人なら焼き上がりにそのまま蜂蜜かけて大胆に食しますが、取り分けてみた。
 
 
ちなみにかけているのは粉糖ではなく実はオリゴ糖です。

かつて多くに見放された長女の困難極めた便秘を救ってくれた我が家の救世主です。赤子や妊婦に本当にオススメ。
我が家は業務用1kgを買って使用中。(しかもリピートした)

 
 
 
 
パンの耳で作ると、じゅわっとするんだけど食感がしっかりしていて食べごたえを感じるフレンチトーストになります。私は柔らかいパンで作る物よりもこちらの方が好きだなー。
それに、パンの耳で作る時はフライパンで焼くのではなく器に入れてオーブンで焼くため、フライパンを洗う必要が無いのも嬉しかったりします。大皿に入れてオーブンで焼いてみんなで取り分ければいいのでいっぺんに済んでしまうのが本当に楽。
この食べ方に気付いてから、パンの耳を溜め込むのが好きになりました。冷凍庫にあるパンの耳袋が成長するたびにほくそ笑む母。(怖い)
 
 

 
夫も、バゲットを一晩浸して作るフレンチトーストの方が好きなようではありますが、パンの耳フレンチトーストはコレはこれで美味しいと言っておりました。
 
 
ご馳走様でした。
母さん、蜂蜜ありがとう。
 
 
 
 
 
私は調理の際は基本砂糖は使いません。みりんか蜂蜜、時々メープルシロップを使い、香りが気になりそうな時や夫が嫌がりそうな時だけ砂糖を使用します。
もちろんフレンチトーストは蜂蜜で甘味付け。
煮物の類はみりんのみだし、スープの角を取る時にほんの少しだけ蜂蜜を垂らしたり。
長女が好きなカフェオレを入れる時も蜂蜜。
夫のコーヒーは砂糖だけど。
 
なので大容量の国産蜂蜜はとっても嬉しい。スーパーで国産蜂蜜買おうとすると価格に尻込みしますが、産直販売所とかで蜂蜜を買うとすっごく安く買えたりするので、自分で買う時はそういう場所に行った時に忘れずに買うようにしています。
蜂蜜は物によって結構味やクセに差があるので、蜂蜜自体を苦手と思う人や、種類によって好みが出たりします。今回の蜂蜜はちょっと後から来る香りが強い気がしますが、見た目の粘度よりも口の中ですっと溶けて甘みが強いわりに喉に残らずさらっとしていました。
 
ああ、蜂蜜大好き。味はそこそこ好きだけど高機能なところがとてつもなく好き。
なので虫も蜂も嫌いだけどミツバチは好きです。
 
 
 
 
 
 
 
 
おしまい。
 
 
 
お読みいただきありがとうございました。
ポチッとしていただけると大変励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
 
 
 
 
 
 
 

スポンサードリンク