先日洗濯洗剤の類のボトルを入れ替えましたが。
関連記事/洗濯洗剤のボトルを入れ替えました。
 
入れ替えをしないままになっていた漂白剤をどうしようかなと考えあぐねておりました。
 
 
我が家で使っている漂白剤はこの二つ。
 
  
 
衣類洗濯用とそれ以外とで適当に使い分けております。
それぞれそんなに使う頻度は多くないため、この2つは基本的には洗面台下の収納にしまってあります。ぱっと目につくところに置いていないので、これまでボトル類の入れ替えはさほど検討しておりませんでした。
 
 
 
が。
 

 
これに関してはジッパーの開閉式なので使いづらく、別の容器に詰め替えたいなと思うように。
ひと昔前の自分だったらこのパッケージの使いづらさや違和感も『これはこーゆーもんだ』と思ってスルーしていた気がします。こういう小さなストレスに気付けるということは、お片付けや整理整頓の重要な要素なんですね。
 
 
 
 
 
それで、詰め替え容器として候補に挙がっていたのが無印のボトルでした。

 
(画像お借りしました)
これらは小さすぎだし大きすぎだし。
 
 

洗剤ボトルを購入したお店でかわいいキャニスターを見つけたのですが、

蓋もしっかり閉まるしガバっと中身を出せるしいいなと思ったけど、ちょっと大きそうだし、何よりこれ一つ買うのに送料かかるのが引っかかって却下。
 
 
 
 
 
で。
ダイソーに行ってこれを購入してきました。
 

 
 ・口が大きく開く
 ・落としても割れない
 ・蓋をした状態で傾けてもこぼれない(密閉ではないよ)
 ・750gの容量が余裕を持って入る
 ・余分な色味を使っていない

の全てをクリア。
併せて大き目の匙になる物を購入し、これを中に入れることにしました。
 

 
 
セット!
 

 
おお、三位一体。
買った後にちょっと入れ物が大きかったかなとも思いましたが、スコップを入れるのでこのサイズでちょうどよかったみたいです。
 
 

 
こんな感じ。割とドバドバ使うことが多いので(一番使うのは洗濯槽洗剤として使う)、このくらいザックリ使える感じがちょうどいいかなと。
 
 
 
 
ただ、使い慣れていない人には何が入っているのかがわかりずらいので、テプラでラベリングをしました。
 


 
 

 
 
 
 

 
先日詰め替えたボトルとの相性はあまりよくありませんが、これは基本的に洗面所下の扉の中に鎮座しているものなので見てくれもそんなに問題はありません。また、粉剤はこの漂白剤だけなので『統一感』についても問題無しです。
 

 
 
 
 
そして所定の場所に戻っていただきました。
 

 
それにしてもここは見苦しいな・・・。
洗面台下、来週の良品週間で収納ケースを購入して少しだけ改造を計画しております。
 
 
 
 
 
おしまい。
 
 
 
お読みいただきありがとうございました。
ポチッとしていただけると大変励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
 
 
 
 
 
 
 

スポンサードリンク