台風が来ているのも知らず、オリンピックの閉会式が行われていたのも知らず、朝のニュースとYahoo!トピックスで知りました。
テレビはつけると子供たちにチャンネル権を奪われるのであまり付けませんし、子供のいない時間もゆっくりテレビを見ているようなことが無いので情報を仕入れ遅れることがたびたびあります。
家の間取りを考えている時に、キッチンの付近(例えばダイニングとか)にテレビの配線を用意したいと主張したのですが、夫は食事中にテレビは必要ないと考えている人なので却下され断念しましたが、食事以外の家事の時間にこそ観たいと思うことが多いので、反対を押し切って導入しておけばよかったなぁと、ちょっとだけ後悔しております。
今更後悔しても仕方ないのでフルセグのポータブルTVでも買うか検討中です。
 
 
 
 
 
 
検討中と言えば収納の見直し。今度は階段下の収納の見直しを検討中です。
 
 
 

階段下収納の問題

我が家の階段下収納は0.5坪弱のスペースですが、縦長で横方向の奥行きが深い造りになっております。
間取り図を切り取るとこんな感じ。
 

 
奥行き80cm弱、横の奥行き156cmです。
 
 
 

 
画像ではすべて見渡すことができませんが、ここに掃除機も収納されておりますし、この画像では撤去されておりますが、ここに折りたたみの滑り台も収納されておりました。(一時的に2階に撤収してありますがここにまた戻すかは検討中。)
 

 
邪魔なので使用時以外しまってありますが、折りたたんでもデカい。
 
 
 
 
また、画像からわかりますがプリンター(箱型の白いヤツ)が床に直置きされております。我が家ではずっとプリンターを使わずに生活していたのですが、ここ最近何度も必要に迫られる場面がありついに導入に踏み切りました。
必要最低限の機能があればいいのでコンパクトな物を購入しましたが、プリンターの中では小さなものを買ったとしてもプリンターはそれなりのスペースを必要とします。しかし、当初プリンター等を置く場所として考えていた場所は物が積まれていて設置できる状態ではありませんでした。
 
 
 
 
そして画像でも確認できますが、ここには折りたたみのちゃぶ台が収納されております。
 

 
重厚感と存在感があって和モダンな雰囲気のこのちゃぶ台がとても気に入っていて、アパート住まいの頃に愛用しておりました。
新居を建ててちゃぶ台の置く場所が特に無くなってしまったのですが、和室にテーブルを置く必要が発生した場合は都度このちゃぶ台に活躍してもらおうと思いスタンバイしてもらっております。そもそも新居の収納を考えている段階でもこのちゃぶ台のしまえる場所を1階に用意したいと考え(重くて階段の上げ下ろしとか無理)、設計さんに入れられる場所を考えてもらい階段下収納の幅や入り口を考えてもらいました。
 
 
 
 
 
 

パソコンカウンターの問題

階段下収納の隣は幅の狭い机状のカウンターになっておりまして、ここにパソコンを設置して使用しております。机の上部にも棚があります。
 

 
 
パソコン台の方はパソコン裏の配線のゴチャつき感の解消が問題に上がってはおりますが、それ以上に問題視しているのは上段部分で、
 

 
情けないことながらとても汚い状態です。
(てゆーか上から覘くことが無くて気づけなかったけど、無くなったと思ってたシュシュがここにあった・・・。)
 
 
本来ならこの上段部は通信機器とプリンターを置く場所として考えておりました。しかし入居当時プリンターは無く、他の置く場所に困ったものを何となく積み込んで早2年、現在ではただの見苦しい物置となっておりました。
正直なところここも人に見られるのが恥ずかしい場所だったのですが、『まぁいっか』で見て見ぬフリをしてまいりました。しかしプリンター設置場所問題も発生したことですし、改善しようということに。
 
 
 
 
 
 

改善計画
  1. 階段下収納の内容物を精査してここに収納すべきものとそうでないものを選別
  2. 階段下収納に棚を設置、細かい物を収納する場所を作る
  3. カウンター上部の物をどかさないとプリンターが置けないのでプリンター上部の物を必要に応じて階段下収納へ

 
 
階段下にしまわれている主なものは、
 脚立
 通信機器等の箱(レンタルなので返却時に必要)
 折りたたみ椅子
 ちゃぶ台
 掃除道具(掃除機、クイックルワイパー、コロコロ等)
 仕事用の書類
 滑り台(一時避難済み)
 プリンター(移動予定)

 
この中では折りたたみ椅子と滑り台が撤去を検討する対象となっております。
滑り台は時折しか出さないのでいっそ2階の空いている部屋に出せばいいのではないかと考えております。折りたたみ椅子は来客が多い時用の臨時の椅子としてしまってありますが、これもそうめったに使うことが無いので小屋裏あたりにしまっておいても問題ないのかなと。
 
逆に、ここ以外にしまえる場所がないものは掃除機とちゃぶ台です。掃除機のホース等を分解せずそのままの状態でしまえるスペースはここしかありません。また、ちゃぶ台が直径90cmでとにかくスペースを必要としており、測ってみたところ他の収納には入れることができませんでした。
いっそちゃぶ台はリリースしてしまおうかとチラッと考えたのですが、大事に使うから購入を了解したのにと旦那様に怒られてしまい、結局は大事に大事にしまうことに。
 
 
 
 
 
 
 

無印良品の棚を検討

項目2の棚を設置するにあたって、ちゃぶ台が結構なスペースを占領することと、階段下故に天井が斜めになっていることから、置ける棚は限りがあります。上部に棚を作りつけてしまうというのも考えましたが、汎用性が低くなることを懸念して断念。やはりキャビネットの様な物を置くのが一番かと思い、適当な物を探しました。
奥行きが浅目で、高さがあって、引き出しもできればほしい、幅はちゃぶ台の出し入れの妨げに無ないよう60cm以下のもの、斜め下がり天井に引っかからない大きさで、一段が雑誌が裕に入る高さの物で・・・。
と、使い勝手を考慮して検討した結果浮上したのが無印良品のスタッキングシェルフです。
 

もう一列足したいところなのですが、そうすると斜めの天井に引っかかるし、ちゃぶ台のスペースにかぶるしで諦めました。
 
 
無印のスタッキングシェルフにした理由はサイズ感ともう一つあって、無印お得意の同一モジュールによって組み合わせが可能なことがあります。
 
 
細々したものをしまう引き出しと、書類の用途ごとに仕分けるファイルボックスを収めることができるので使う時も整理する時もスムーズに出し入れできるようになると思われます。
 
 
また一方で置く場所を替えてスチールユニットシェルフを置くこともできそうです。
 

 
 
 
使い勝手を考えると、ドア正面を棚とよく使う物、奥はあまり使わない物を置くのがベストだと思うのでスタッキングシェルフを扉正面に設置し、細々した物をここに収納出来たら便利なのではないかなと思いました。
ただ、スタッキングシェルフのお値段(19,000円)の物を収納内に置くのはいかがなものかと思うととても悩ましいです。きっと夫に言ったら『カラーボックスじゃダメなの??』と詰問の末に却下されるんだろうな。友人に話してみたら『もったいないからDIYしろ』と言われました。(絶対に失敗するのでやりません)(不器用)
 
 
悩みまくった結果夫に何も言わずにスタッキングシェルフを導入することにしました。(え)
近所の店舗に問い合わせたら取り寄せになり入荷は25日木曜日だそうです。その時に引き出しやファイルボックスも購入してこようと思います。長押も欲しい。
 
 
 
続きは設置したら報告したいと思います。
 
 
 
 
 
おしまい。
 
 
 
 
 
 

スポンサードリンク