ずっとシンクの使い方についてモヤモヤしていたのですが、最近掃除の仕方を変えたらすごく楽になりました。

もともとは排水溝が汚くなるので触りたくない→見て見ぬふりをする→さらに汚れて見て見ぬふりをする、の悪循環から抜け出せずにいました。幸いにしてずっと以前に三角コーナーを廃止しシンクの隣に生ごみ用のごみ袋を設置していたので、三角コーナーのぬめぬめに頭を悩ませることはなかったのですが、その代わりに片づけきらなかった生ごみの屑が排水溝の水切り部分にたまり、そちらがぬめりを蓄えておりました。
で、耐えきれなくなって時折スポンジや使い古し歯ブラシなどを駆使してきれいにしてはいたのですが、数日放置するとすぐ汚れてくるので悪循環とイタチごっこの繰り返しでした。
 
 
が、しかし気づいた。
生ごみを毎日(何なら調理の度)袋を替えて捨てているのだから、シンクの排水溝も毎日掃除すればいいんじゃない?と。
まぁ、今更ですが。
 
 
そんなわけで一度本気で排水溝を掃除して、現在は確実に洗い物をゼロにする夕食後(もしくは翌朝イチ)に排水溝の水切りに残った生ごみを処分し、排水溝とシンク全体を食器洗いスポンジで一緒に洗うようにしています。
 
 
 

食後の洗い物。
鍋などの大物は基本的には食事前に洗ってしまうのでこのタイミングでは無いことのが多いです。
 
 

シンク横にティータオルを敷いて水切りカゴ代わり。
ティータオルは汎用性が高くて便利です。今はエジプトの色違いが欲しいと物欲がふつふつと。

 
 

 
洗ったら(積み上げ型が雑なのは見逃して)
 
 

 
まずはカトラリー類や調理器具などを先にすすいで散らばせて
 
 

 
その上に器の類を乗せると、食器の内側がこもらなくていいですよ。
 
 

 
それからふきんで拭き上げます。
ティータオルで拭くことも試してみたのですが、どんくさい私は大きいティータオルで拭くともたつくので、結局普通のフキンを使うことにしました。
 

一時期お気に入りだった白雪ふきん。このサイズのふきんの中では一番のお気に入りです。柄がたくさんあって選ぶのがとても楽しいので、ちょっとしたプレゼントにも便利ですよ。
でも自分で使うならやっぱり白の方が、味気ないけど便利な気がします。。。
 
 
 

ひとしきり使ったティータオルとふきんはそのまま洗濯機にポイ。
たいして濡れずに終わる場合はフキン掛け等にかけて乾かして再利用しますが、長くても一日で交換しています。
 
 

 
そして洗い物が片付いたら排水溝の水切り部分に溜まった生ごみの屑などのごみを取ります。
お見苦しいので泡で隠しておりますが、それなりに生ごみが溜まります。
 
 

 
ごみは隣に設置してあるごみ袋に入れて、袋を閉じてポイ。新しいごみ袋に付け替えます。
このゴミ袋ホルダー、本当に便利でお気に入りです。

 
 

 
そしてシンク全体もスポンジでゴシゴシ。
食器洗い時か、このタイミングで洗い桶も洗います。
 
洗い桶は裏側にぬめりが出たりするのがイヤで一時期廃止していたのですが、野菜を洗ったりカピカピ汚れを水に漬けたりするときにボウルなどの大きめの入れ物を出して使っているのが本末転倒な気がして、結局復活させました。洗い物の度に一緒に洗っていれば汚れが気になることもないので、今後廃止にする予定はありません。その代わりに洗いやすいサイズと形のものを選ぶようにすれば問題ないと思います。
 
 

 
そしてピカピカに。
でもめんどくさがりなので最後の一手の『水滴を拭く』まではしませんよ。
 
 
 
実家のシンクの三角コーナーと排水溝がぬめりの温床だったという影響もあり、『毎回シンクや洗い桶を洗うの面倒』と無意識に思っていた節があったですが、いざルーティンにしてしまうとそう面倒でもありませんでした。
 
今は毎日必ずリセットされるので使っていて安心感が違いますし気持ちいいです。
そして、このルーティンに変わってから、自分はずっとこうしたかったんだと気づきました。汚れが溜まる前にきれいにする、というごく当たり前のことだったんですけど、その当たり前になかなか気づけずにずっとモヤモヤしていたんだなぁ、と。
 
 
水回りは汚れが溜まりやすいので、少しずつ改善して汚れにくくて掃除しやすい環境を整えていけるよう、見直しを図っていきたいと思います。
 
 
 
 
おしまい。
 
 
 
お読みいただきありがとうございました。
ポチッとしていただけると大変励みになります!


 
 
 
 
 
 
 

スポンサードリンク