ご飯を炊くために買ったストウブですが。
 

 
 
 
IHから降ろしたときの定位置がこれ。
 
 

 

 
木製のラウンドの鍋敷き。ごくごくシンプルでそれなりに便利に使っておりました。
でもこれ、表面がツルッツルのためご飯をよそるためにしゃもじに力をかけると鍋が滑って動いちゃうんですよね。危ない。
 
 
 
せっかくストウブを買ったのだし、毎日使うから多分出しっぱなしの時間の方が長くなるだろうし、置き場所にする鍋敷きも気に入ったものが欲しいと思っていろいろ見てはいたのですが、
 


 

 
滑ることにストレスを感じるのだとしたら材質はシリコンのものを選んだほうがいいんじゃないかなと思うように。
 

なので↑の3つ目のシリコン製の鍋敷きに照準を合わせていたのですが、先日出先ついでに寄ったニトリでこちらの鍋敷きをゲット。
 

 
 
398円でしかもマグネット内蔵で冷蔵庫などにくっつきます。
 

磁力はかなり弱めで辛うじてくっついております。
 
 
空白の面積が多くてちょっと頼りない感じもしますが、ストウブを置いてみたらそんなに頼りないってほどでもないししっかり密着して滑らなそうだし、お手頃価格で入手できたし納得しております。目に鮮やかな色味ではないことや、凝りすぎてないデザインも〇。
 
稲藁編み手作りのこだわりのモノを持ちたい気持ちはありますが、用途が自分の希望に沿っていてかつお手頃価格、これ以上のことはないんじゃないかと。
 
 
 
 
そんなわけでストウブの定位置がこちらになりました。
 

 
うん、悪くない。ウフフ。
 
 
ストウブはほとんどしまっていない・・・と書こうと思ったけど、思い返せば一度も収納したことがないのでつまりはこのストウブは現状は常時出しっぱなしです。
大きさ的にもデザイン的にも邪魔をしていないので、見飽きるまではこのまま出しっぱなしでいいかなとも思っております。
 
 
 
 
 
おしまい。
 
 
 
お読みいただきありがとうございました。
ポチッとしていただけると大変励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
 
 
 
 
 
 
 
 

スポンサードリンク