便秘にまつわる話。苦手な人は右向け右。
 
 
 
 
 
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
 
  
 
 
 
私は出産するまでは便秘気味な人間でした。薬を飲まないと出ないというほどではないけど、3日でない日が続くとのぼせが出て頭が痛くなりました。なんならいっそ下しやすい人たちが羨ましかった。(こっちの人達の方も結構切実なのはわかりますがもはや八つ当たりです。)
上の娘がこれまた便秘体質で1歳を迎えるころには医者から薬を貰うようになり、それを飲み忘れたりすると大変なことになりました。うんちが固くなって自力で出せなくなっちゃうんです。しかし娘は色々と頑なで、薬の類は拒否するしようやく口に入れても全て吐き出すし、食べる量が少ないからと思っても強烈な小食で食べないし、でもうんちが出なくて泣くし不機嫌だし・・・いやぁ、本当に大変だった。4歳の今は食事の量も増えたし筋力も付いたので便秘になることもほとんど無くなりましたけど、本当に大変だった。(2回言った)
 
上の娘が1~2歳の頃は本当に気を使いました。
何とか改善する良い方法はない物かといろいろ調べました。
前述しました通り、食べる量が少ないから便の量が少なくて便秘になるんじゃないかという問題の解決は本人がかたくなに拒むので無理。なので食物繊維をたくさん取らせようというのも無理、運動をさせると言っても抱っこ虫であまり歩かない。薬を飲まそうにも、薬そのものはもちろん飲みませんし、ジュースに混ぜたら吐き出して怒って次からそのジュースそのものを飲まなくなる、ゼリーに混ぜたら吐き出して怒って次からそのゼリーその(略)、アイスに(略)
ヨーグルトは気になりにくいらしく何とか誤魔化せましたが、気分によっては食べないし、そもそも機嫌が悪いと見向きもしないし、一度でも薬を飲み忘れると悪循環がスタートして大変な目にあうし、あー振り返ってみると本当に気を使ったなぁ。踏ん張り始めのタイミングにうっかり触ったりすると気がそがれて踏ん張るの止めちゃうし、止めちゃうから腸内でまた固くなって出しにくくなるの悪循環が起こるし、外に出かけちゃうとうんちが出来ないからあまりお出かけもできないし・・・苦労話はもういっか。
やめよう、大切なのはどう改善したかだ。
 
 
 
 
 
子供もかわいそうだけど親もしんどいのでどうにか方法を探しました。
 
 
1.外的刺激、マッサージ
 お腹をのの字にさすったり
 仰向けで足の曲げ伸ばしを繰り返したり
 転がすようにゆらゆら揺らしたり
 しかし効果無く。
 
 
2.肛門マッサージ
 むしろ嫌がりました。
 
 
3.母乳の質の改善
 途中まで母乳を飲んでいたので私が繊維の多い物を食べるように。
 しかし効果無く。
 
 
4.水分補給
 母乳以外の水分を基本拒否。
 
 
5.綿棒浣腸
 効果無し。
 
 
6.浣腸
そしてついに手を出した浣腸。
結果からいうと効果はほとんどありませんでした。
実際に赤ちゃんに浣腸とか怖くて、自分一人ではできなくて実家の母を呼びましたよ。満を持して浣腸をしてみたものの出ない、溶液だけが出てしまいます。浣腸してもお腹が圧迫されて苦しいだけでした。かわいそう。ちなみにその直後に行った小児科で浣腸された時も同じ状態に。もう本当にかわいそう。
それ以降浣腸に恐怖を感じるようになってしまい全力拒否に。
 
 
最後は小児科に行きました。詳細は割愛。
 
 
 
食事の質と量、水分の量、運動の量
これが整えば改善されるはずなのに、どれ一つとして改善できません。
うちの娘は頑固で執念深く親は根負けです。
他のアプローチで腸内環境を整えることにしました。
 
 
で、赤ちゃん&便秘、で検索すると結構出てくるオリゴ糖の話。
調べると消化しにくいためそのまま腸に届き、腸内細菌である善玉菌の餌になるので善玉菌を増殖させることができるそうです。善玉菌を増やして腸内環境を整え便通を整えます。消化難性だからカロリーも少なく、そもそも甘さが控えめなので量を摂取するのに適しているんです。そして天然成分っていうのがいいですよね。妊婦や赤ちゃんにオススメできる安心の食材です。
何より『糖』です!甘いはず!これならうちの子供も口にできるかも!光が見えてきました。
しかしスーパーとかで見かけるボトル入りの液体タイプのオリゴ糖に多いのはイソマルトオリゴ糖という種類のもので安価だけど味に癖があるためシロップに混ぜてあることがほとんどだそうです。実際の摂取量を考えるとオリゴ糖の量を取るためにはその分沢山のシロップを摂取してしまうことになりそうですね。
では腸内環境を整えるのに適している種類のオリゴ糖はというと、いくつかありますがフラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、ラフィノースなどがいいそうです。スーパーなどでは見かけませんね。そしてこの中で一般的なのがラフィノースらしいんですけど、おそらくその中で原料や精製が一番手頃なんだろうと推測されます。
 
 
さて、調べてみると含有率の高いラフィノースオリゴ糖は小市民には全然手ごろ感がありません。
よく見かけるもので、150gで2,500円程度。
100gあたり約1600円。
我が家で使っている砂糖が650gで400円程度。
100gあたり約160円。
 
10倍?!た、高い・・・!
まぁ、砂糖同様の甘味料と考えちゃいけないんですよね。砂糖だと思うとべらぼうに高いのですが、サプリだと思えば高く、ない・・・はず。うぐぐ。いややっぱり高いと感じるけど娘のお通じ事情には代えられません。ひとまず試しに買ってみることにしました。
色々調べて、お値段と安心とのバランスのいいこちらを選択。
 

 
原料が国産、製造の管理もしっかりしていて純度も高い、パッケージがシンプルなのも余分なところにお金をかけていなくて印象が良かったです。
そうです、リーズナブルなんです。こちらだと100gがおよそ1,000円なんです。安い!(砂糖との比較禁止) 無料サンプルもありますのでどういうものだか確認してみたい人にもありがたいですね。『1000円ぽっきり』の手の出しやすさでとりあえずこちらをポチりました。
 
 
 
届いてみると粉砂糖みたいな細かくサラサラの粉末で、本当に甘さは控えめでした。砂糖と比較すると25%程度だそうなので、砂糖と同じ甘さにするためには4倍の量が必要になるそうですよ。
適量は2~10g、小さじ1杯がおよそ3gです。ひとまず3g程度をヨーグルトに混ぜ混ぜ。冷たい物にはあまり溶けず、ざらつきの残るヨーグルトになりますが、私は結構それが気に入りました。味も元のヨーグルトの味を損ないません。むしろほんのり甘さが足されるから子供は抵抗なく食べました。
 
温かい物にはサッと溶けますよ。
腸内環境を整える効果があるのでお腹を下しやすい夫のコーヒーにも入れてます。私も紅茶に砂糖代わりに入れて時々飲みます。
 
 

 
これで10g。スプーンは付属の小匙です。
 
 

  
貰い物の紅茶に入れていただきました。これだけ入れても甘さはほんのりです。個人差があると思いますがいきなりこの量だとお腹痛くなる人がいるかもしれませんので召し上がる時は調整してくださいね。
カップがコーヒー用でしたが素通りしてください。
 
 
 
さて娘の便秘に対する効果のほどはと言いますと、効きました。3gだとあまり反応が見られなかったので量を1.5倍程度に増やし試してみたところ、半日くらいでうんうん初めて、最初は固かったのですが最後の方は(うちの娘にしては)柔らかめの便が出ました。薬も併用していましたが薬だけの時よりも出方がスムーズだったんですよね。
子供でこれだから大人はもっと多くてもいいかなと思って当時やや便秘気味の自分でも小さじにこんもりの量を摂取してみましたが、数時間でお腹がゴロゴロし出してトイレにゴーでした。これは効く!なんなら妊娠前に気づいていれば良かったのにと思いました。
それからというものオリゴ糖は我が家になくてはならない物になりました。オリゴ糖+ヨーグルト+薬は常に常備だし、帰省等のお泊りのお出かけには小分けにして持っていき現地調達のヨーグルトに混ぜて娘に食べさせていました。(ちなみにヨーグルト以外に混ぜても食べなかった)
もちろんそもそも何も食べてくれない時があるのでオリゴ糖が勢力に加わったからと言って安心なんて全く出来ませんでしたけど、それでもこれを食べれば自然の力で排便が促されると思うと、薬とは違った意味で頼ることができました。
 
 
今ではお姉ちゃんの便秘は自然に解消されたのでオリゴ糖の重要性はさほど高くはありませんが、当時は何度もリピート購入していてその度にサイズアップしていったので今ではこちらが我が家に常駐しております。
 

 
迫力の1kg。まさかの業務用です(笑)
しかしこれすらリピートしてる我が家の消費量。
 

 
 
しかしレビューが結構多いので我が家と同じような方々がいらっしゃるのでしょうね。
ちなみに100g720円です。
一番安い!
もちろんかなり多いですよ。
 
 
 
 
おしまい。
 
 
 
 

スポンサードリンク