先日記事にしました玄米の保管の件、全て紙袋からペットボトルに移行完了しました。
 

 
1.85kg×10本で18.5kg。結構残ってたな。
 
空きペットボトルは、なんとなく惰性で溜まってしまったものです。お米の常温米びつ保管から冷蔵庫保管へ、移行する鍵となる気配がするような、しないような。

関連記事/★★★紙袋に入れっぱなしだった玄米の保管方法を変更した話。
 
 
 
 
 
 
 
ところでお米。
コメ大好きな我が家では、おにぎりが大人気です。
 

我が家の米はコチラをリピート。
今はおじいちゃんが作ったお米があるけど無くなったらコレ↑を買います。

 
 
 
炊きたてのご飯に塩を混ぜ込み、海苔で巻いた塩むすびが子供達から好評なのですが、おにぎりって冷めると固くなりません??
ふんわりと結んだつもりが、冷めるとガチガチのみっちみちになってて美味しくないので、作り置きとかあまりしませんでした。(しかもふんわり結んだおにぎりは冷める前にたべるとボロボロ崩れるしなんなのアレ)
 
で、調べたら油がいいそうですね。油を少量混ぜると冷めても硬くならず、ほぐれやすいおにぎりに仕上がるそうです。
そういや炊き込みご飯なんかの油分の含まれたご飯はおにぎりにしてもカチカチにならなかったなと、今更気づく察しの悪い私。クックパッド先生のとこにもたくさんレシピあったわーオイルおにぎり言うそうですわー。
 
 
 
 
 
 
そんなわけで早速オイルおにぎりを作ってみました。
 

 
塩昆布と青菜とごま油のおにぎり、分量はだいたいです。
 
 
実験的に作ったので、出来立てにかぶりつきたい気持ちをぐっとこらえて冷めるまで待ってからいただきました。
するとカチカチじゃない!やわらかくほぐれる!ごま油の香りもサイコー!!
ほんと、美味しゅうございました。これからおにぎりは油にぎりにします、ハイ。
 
 
ところで、我が家のお子様達から絶大な人気を誇る塩むすびを作るなら、ごま油もいいけどクセの少ないなたね油等を使う方のもいいかもしれませんね。
塩むすびの塩はぜひ良い塩を使ってくださいね。ミネラル分の豊富な塩を使うのが美味しく仕上げるコツだそうです。
 
 
 
 
 
現在おにぎりにしか使われていない我が家の高級塩は、宮古島の雪塩。ミネラル数が世界一、ギネスにも認定されたすごい塩です。
超サラサラパウダーの為、目分量だと適量がわかりにくいのが玉にキズですが、この塩でおにぎりを作ると具がなくてもいいと思うくらい美味しくなります。
 

 
かつて私が宮古島の雪塩工場見学した時、案内してくれたスタッフのお姉さんが、私が履いてた限定モデルのコンバースと、別購入した柄入りのシューレースの、全く同じ組み合わせの靴を持っているという運命的な出会いをしてから、私のお気に入りの塩は雪塩になりました。あのお姉さんにまた会いたい。(かれこれ10年近く前の話。)
 
 
 
 
油もどうせなら体に良い物を使えるといいですね。
えごま油とかアマニ油とか、オメガ3が採れたりする良い油はこぞって酸化されやすく加熱に弱かったりします。でもおにぎりに混ぜるなら加熱しないので、それらの油をここぞとばかりに使うチャンスですよ!
(あ、でも冷めるほどの時間を空けて食べるってことは、酸素にさらされて起こる酸化の可能性が!?)
 
亜麻仁油は一日一匙飲んでたけど、味が苦手で続かなかったなー。えごま油は、スーパーの試食でご飯に混ぜて出されてたことがあったけど、なかなかに食べやすくて結構売れてましたよ。よってえごま油がいいんじゃないかと。


 
お試しあれー。
 
 
 
というわけでおにぎりには油がイイネ!油もいいもの使うとイイネ!塩は雪塩がイイネ!って話でした。
 
 
 
 
 
 
おしまい。
 
 
 
お読みいただきありがとうございました。
ポチッとしていただけると大変励みになります!


 
 
 
 
 
 
 

スポンサードリンク