炊飯器を使わなくなって幾月年。(せいぜい3ヶ月)
 

 
内釜のテフロンが剥げてきたので買い替えを検討しつつ、試しにと手持ちのルクルーゼでご飯を炊き始めたらそんなに面倒でもなかったし早いし美味しいしで、炊飯ジャーを使わないまま今に至ります。
我が家の炊飯ジャーはそれほど高価な物でもなかったのと、経年劣化によって保温機能がだいぶ悪化しており炊飯器で炊いたところで保温せず余ったら即冷凍だったので炊飯器を使うメリットがあまり無かったんですよね。
 
 
 
でもね。家にあったルクルーゼ、片手鍋で。
 

 
よそる時とか柄を持って支えられるから便利ではあったのですが使い終わって水に漬けておくためにシンクに下ろすと柄がすごく邪魔だったんですよねー。片手のルクルーゼは他の煮物汁物でも使いたかったので別のものを探すことにしました。
 
 
 
そして手に入れたストウブのラ・ココット・デ・ゴハン。
ご飯が美味しく見えそうな黒、サイズは3合炊きのMサイズ。
 

 
3合では後々容量が足りなくなりそうだなとは思っておりますが、そうなったらひとまずは手持ちの圧力鍋に避難すれば5合くらいまでは炊けそうだからいいかなと自分を諭す。3合では足りなくなるには子供たちの成長に数年かかるだろうしね。
 
 
 
ストウブでご飯を炊くときは、最初はふたを開けておき、沸いたら蓋をして弱火で10分、蒸らしで10分放置したら出来上がりです。
 

 
そのまま炊くとご飯がなべ底にこびりつくので、沸騰したら蓋をする前にシリコンの調理スプーンやスパチュラなどでなべ底をさらうようにひと混ぜしておくと、炊きあがりのこびりつきを回避できます。(おこげが好きな人はこれをしてはいけません。)(私はおこげそれほど好きじゃないから必須)
 
ご飯をしゃもじでこそげるときなども、鍋本体が重いのでそれほど支えずとも大丈夫です。ただし、フチもフタも熱くなるので取り扱い時は鍋つかみが必要ですよ。ヤケドにご注意。
 
 

 
口径も16cm程度でシンクに下ろしてもそれほど邪魔にならず、ご飯は美味しく炊けるし大満足。テフロンの健康への影響に不信感を持っていたので炊飯器から卒業できて良かったと思っています。
 
 
かと言ってすんなり炊飯器を捨てられるかと言えばNOで、無くすことに不安を感じているのでいまだにキッチンの背面カウンター上に置いてあります。
使わないのに捨てられない、使ってないけどまた使うかもしれない。断捨離はしたいけど不安が残るうちは後悔がおきるかもしれないので待ちのスタンスです。これが子供がある程度大きくなっていて生活のリズムが長期的に確定していたらサラッと捨てられたんだろうけどなぁ。
 
 
 
 
 
 
 

 

 
美味しい・・・。
ダイエットの為には炭水化物減らさなきゃだけど、私は世界で一番米が好き・・・(ダイエット無理)
  
 

 
楽天24で注文したらまさかの欠品で2ヶ月近く待たされましたが、クーポン利用でだいぶ安く買えたのでもう文句は言うまい。
 
 
 
 
おしまい。
 
 
 
お読みいただきありがとうございました。
ポチッとしていただけると大変励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
 
 
 
 
 
 
 
 

スポンサードリンク