GWに来客があるのでせっせと家の中の片づけや掃除をしております。
今日は和室に泊まっていただく予定のため和室をメインに進めました。
 
 
 
 
 
で、それに伴い今日はずっと張り替えたかったダイニングテーブルのマットのシールの張替えをしました。
 
我が家のダイニングテーブルはこちら。
 

 
165㎝×85㎝、夫が選びに選んで決めたダイニングセットです。
我が家のダイニングにはちょっと大きすぎたかと心配していたのですが、結構しっくりくる大きさでした。4人で広々使えるのでこのサイズは正解だったなと思っております。
 
上の画像は上に敷いているマットを外したところ。
 

 
 
テーブルは汚れる度に拭いておりますが、元のシールをきれいに落とすついでにマットをお風呂場で洗って拭き上げておきました。
 
 

 
これに
 

 
これを貼って
 

 
こんな感じ。
 
 
このシール、繰り返し使える物ですが、子供たちが面白がって剥がしてめくって触って遊んでを繰り返してくれたおかげでボロボロになってしまい、毎年交換しております。
これを貼りかえるとなんだかテーブルそのものがキレイになったような気がして気持ちがいいです。
 
 

 
完成。
でも本当はこんなマットを敷かずに木目をそのまま楽しむ方が本当は好きなんですけどね。このテーブルを購入するにあたって木製品だし色あせも傷も味だと思おうと覚悟を決めて購入したつもりだったのですが、子供たちにペンなどで落書きされたらやっぱり耐えられないと思って後から購入しました。
実際のところ買って良かったと思うタイミングはそれなりにあったので、小さなお子様のいるお宅にはお勧めでございます。
 
 
 
 
 
 
そのほかにも、障子を貼ってみたり。
 

 
下の方がめっちゃ破れていたんです。
張り替え作業は真剣すぎて写真撮り忘れました。 
 
 
 
 
 
 
あと、桜のままだった手ぬぐいを替えてみたり。
 

 

 
 
桜のあと梅雨くらいまでって結構季節の絵柄を選ぶのが難しくて、本当は藤の花にするかチューリップにするかで悩んでいたのですが、我が家には男の子供はいないと思って避けていた端午の節句関係の絵柄を『男子はパパがいるじゃん!』と納得づけてやっぱり採用することにしてみました。
 
 
 
手ぬぐいも端午の節句になったので、義母が作ってくれた鯉の飾りも出してみました。
 

 
リビングの壁に付けられる棚。
こんなの作れる人を私は尊敬します。(実母お墨付きの不器用者)
 
 
 
 
 
 
無印のボトルにラベリングもしました。
 

 
白がハンドソープ、カーキがシャンプー、ブラウンがコンディショナーです。シャンプーとコンディショナーは下地の色に負けてあまりよく見えないのですが・・・。家族は覚えているので問題なく使えておりますが、初めて見る人は何かわかりにくいと思われるので、見えにくいけど書いてないよりマシと思ってラベリングしました。ハンドソープは子供でも分かるように絵にしております。(キッチンのボトルも同じ仕様)


 

 
 
 
 
 
 
 
 
あとは長押や障子の組子の上の誇りを掃除したり、敷居の溝をきれいにしたり、窓を拭いたり、以前母子で寝起きしていた時に蚊帳を掛けるために壁に付けてたフック(そのままだった)を取り外したり。
 

掃除の際はもれなく活躍。
 
 
ぱっと見て変わったところは床の間に飾った手ぬぐいくらいですが、細かいところをたくさん掃除したので、なんだか和室がリフレッシュしてとても気持ちの良い空間になりました。


 
 
リフレッシュした部屋を視界にショップタオルを洗いながら、私はずっとこうしたかったんだよなぁって感じておりました。
自分の家の中をきれいに保ち、そうやって気持ちよく過ごせる環境を整える役目をちゃんと果たせる母親でありたいと私はずっと願っていました。一つ一つ自分や自分の周りや家の中を見直して、手入れして、子供と過ごす時間を多く持てるようになって、そしてその環境を認めてくれるパートナーがいて、私は幸せ者だーと温かい気持ちになった春の日でした。
 

 
 
 
 
 
おしまい。
 
 
 
お読みいただきありがとうございました。
ポチッとしていただけると大変励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
 
 
 
 
 
 
 

スポンサードリンク