ずっと気になっていた絵手拭い、楽天のセールの時に額縁をポチったのでいよいよ飾ることにしました。
とはいえそもそも手拭いを持っていたわけではありません。
まさに型から入っております。
 
 
ではその型である額縁はこちら
 

 

軽量なのと職人手作りの文言と口コミにふらっとしまして、うちの建具のダークブラウンとも合いそうだなぁと結構短絡的にポチりました。実際手にしてみると、木目もきれいだし色味も予想通りだし、近所で買うより安かったし届くのも早かったしで、総合的に満足しております。
 
 
 
 
さて次は手ぬぐいです。
 
少し話が逸れますが、我が家には二人娘がおり下の子はまだ1歳。ひな人形なんて飾った日にゃ首がもげます。本来なら和室の畳に段飾り、床の間にガラスケースとつるし雛を飾りたかったのですが、どちらも危険なので下の子がいたずらしなくなるくらいに成長するまでは、ひな飾りは二階の空いている部屋に飾ることにしました。
なので今年の和室は床の間にはつるし雛だけ。しかしさすがに寂しい。そんなわけでお雛様の絵手ぬぐいでも飾ったら華やかになるんじゃない?という流れで額縁を買ったという経緯でございます。
 
最初はお雛様じゃなくて春めいた明るい柄の物、梅桃桜などの花の絵の物とかでいいんじゃないかと思っておりました。確かにお雛様の後ろに飾るなら花とか春めいた柄の物がいいかもしれない。でも今回はお雛様は床の間に飾れないしそれなら思い切りお雛様な絵柄の方がいいんじゃないか。
そしてどうせお雛様なら親王だけではなくてちゃんと段飾りの絵柄がいい!
 
 
という訳で最終的に選んだのはこちら。


 
 
 
他のお店とかで招き猫がひな壇に飾られてる絵柄の物もあって悩んだんですけどね、
 

 
確かに縁起よさそうだし子供も喜びそうと思ったのですが、『ひな壇ってこういう物なんだよ』っていうのがちゃんとわかる絵柄の方が良かったんだよね。それで(ちょっとだけ)悩んで上記のものになりました。
ちょっとね斜めのアングルがどーかなーって思ったんだけど、飾ってみるとその傾きが逆に奥行きを出していい感じです。流石ですね。
 
 
 
 

 
額縁に入れると結構雰囲気出ていいですよ。
手間なら挟むだけのタペストリーでもいいかもしれませんが、額の方が品が出ますね。
 

 
つるし雛にかぶるのでやや下目に飾りました。ちなみにつるし雛はいったん片づけてから撮りました。
本当は下に花器でも置いたらいいんでしょうけど、小さな子どもがいるとそうもいきませんね。
 
でもこれで季節ごとの楽しみが増えました。ひな祭りの後は桜の手拭いでも探そうかな。
 
 
 
 
おしまい。

スポンサードリンク