お月見も終わったので手ぬぐいを替えました。
 

 
9月から10月の初めまで飾られた月見うさぎ。だいぶお気に入りの絵手ぬぐい。
 

 
十五夜は終わったけどまだこれから十三夜があるし、月の手ぬぐいのままでもいいかなとも思ったのですが、現代のイベント的にはお月見をメインに掲げる時期は終わったような気がするので惜しみつつ撤去です。
 
 
 
 
 
次はパンダ。
 

 

 
 
本当はハロウィンの絵手ぬぐいを掛けたかったのですが、下の娘(2歳)がオバケを怖がるので断念しました。来年はハロウィン柄の手ぬぐいを飾れたらいいなぁと思っています。
 
★★★★
★★★★
 
 
パンダもかわいいのですが、色味が地味なためか子供たちの評判はイマイチ。
秋の夜長に読書なんて素敵な習慣だと思うしコロコロしたパンダがかわいいので子供の評判なんてお構いなしにこれを飾りますよ。
 
 
 
 
まずはしっかりとアイロンがけ。
我が家のアイロンはスチーム機能が壊れているのでいっそ濡らして絞ってからアイロンがけしました。(豪快)
 

 
アイロンがけをしっかり行いシワを徹底的に伸ばすことで額に入れた時にピンと張りやすくなります。なのでここは手を抜かず丁寧に行います。
 
 
あとはささっと額に入れて、取り出した交代選手で額の埃を払って終了。
 
 


 
と思ったら表裏を逆にするという痛恨のミス。ぎゃー。
 
 
 
 
改めてやり直しました。
 

 
秋の夜長をパンダが読み通しますよ。
 

 
 
 
この子がだいぶ好き。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
11月は子供たちの誕生日なので季節のものではなくてケーキの手ぬぐい。

ただしこちらの手ぬぐいはクリスマス(ケーキ)の手ぬぐいなので、11月だからこそギリギリ誕生日と偽って飾れる特別仕様です。
 
 
 
 
 
 
おしまい。
 
 
 
お読みいただきありがとうございました。
ポチッとしていただけると大変励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
 
 
 
 
 
 
 

スポンサードリンク