我が家の子供たちは肘内障になりやすいらしい。
 
そもそも肘内障って何ぞやと言いますと、ひじの関節近くの靭帯がズレて骨の間に挟まってしま状態のこと。よく腕がはずれたと表現されることが多いのですが、はずれるのとはちょっと違うそうで、靭帯の亜脱臼の状態というのが正しい表現の様です。発達過程の幼い子供の骨の形状や靭帯の柔軟さがゆえに起こるもので、小学生前の子供はなりやすいとのこと。うちの長女も1歳前から3歳になるくらいまでは結構頻繁になっていましたが、最近では疎遠になりました。
肘内障になると靭帯が挟舞っちゃうので痛くてひじが曲げられなくなります。動かせるには動かせるはずなんだけど、動かすと痛いから腕はぶらんぶらんに。
 
 
なりやすいなりやすくないは個人差があるようです。保育園で肘内障の話をした時に先生方から『そんなことがあるんですね』と言われたりしたので、ならない子供の方が大勢のようですね。
 
一方でなりやすい子は本当に頻繁で、うちの長女はこれのおかげで何度となく夜間救急に担ぎ込んできました。長女の肘内障歴で一番驚いたのは自分で寝がえりした時に肘内障を引き起こした時だし、友人の子供はおばあちゃんとずいずいずっころばしをやっていて指を捕まえられた瞬間に肘内障になったそうです。
 
だから腕を引っ張って駄々をこねる子供を引きずるママさんを見たりするとヒヤヒヤしますが、そういう子供はきっと肘内障になりにくいんでしょうね。
 
 
 
肘内障は痛みで子供が尋常ではなく泣くのですが、治療は一瞬なので、何とか先生に診てもらえればすぐに痛みから解放してあげることができます。
治し方も一様に同じで、ひじの骨の辺りを押さえながら外側に捻りつつ肘を曲げさせる、というものでした。カコッと靭帯が戻る感触があるので医師自身も治ったことを確認できるそうです。
 
もうね、お姉ちゃんの時にあまりに頻繁になったので、私は何度目かの時に先生に聞いて治し方を教えてもらいましたし、一度は自分で治しましたよ。(もちろん先生からは、よほどのことでもない限りは自分でやらないで診せに来てくださいと釘を刺されております。)
 
 
 
 
長女は成長して肘内障から解放されたように思っておりますが、次女もまた1歳半過ぎた頃に一度発症しまして、それ以降気を付けるようにしてはいたものの、先日またしても肘内障になってしまいました。
手洗い後にタオルで拭いている時に引っ張っちゃったのよね・・・。猛省です。
 
大体これになる時は病院の診療時間外なので、まずは市の消防の夜間等の救急案内に電話をかけて近所の整形外科の夜間救急を教えてもらい、該当の病院に診てもらえるか事前連絡をして確認をし(緊急の患者さんがいた場合など診てもらえないことも)、それから病院に向かいます。
近所の病院で整形外科がやってないこともあり、時には一つ市をまたいだ向こうの整形外科や総合病院に行ったこともありました。
 
 
今回は比較的近くの隣の市の総合病院に行きました。
すぐに対応してもらえて上記の治療を受け、先生も治っていると思いますよとおっしゃいましたが、なんだか次女の様子がおかしい。確かに動かせるようになったし、大好きなアンパンマンのアプリを出すと当該の左腕でも操作しようとしますが、まだまだ痛そうだし基本的には左腕はかばうように体に沿わせています。
 
長女は痛みの耐性が全くないタイプの子なので痛かったら腕を動かしませんでしたが、次女は痛みより欲望が勝るタイプなので、前回の肘内障の時も動くか試した時に痛いはずの腕を何とか持ち上げてマシュマロをつかみ取っておりました。だからちょっと動かせるからと言って治ったとは判断できません。『動くけど明らかに痛そうにしている』という事実が母の違和感を掻き立てました。
先生にそのことを伝えると、動いているから肘内障は治っている、肘内障なら腕は全く動かないはずだ、治ったけど痛みがちょっと残っているだけ、とやんわり諭されます。前回のマシュマロの件も伝えてもなお治っているとの一辺倒なので、諦めてその晩は帰ることにしました。もちろん先生の言う通り、痛みの余韻が残ってしまっていて治ってからもしばらく泣いている、というのもあるかもしれません。
次女も時折痛がっているものの、動かさなければさほど痛くないらしく、眠ってしまったのでよく朝一番に近所の整形外科クリニックに行くことにしました。
 
 
で、朝起きてもなお左腕は下げたまま動かすのを嫌がっていたので、早朝の内に夫を叩き起こして診療の順番取りをしてもらい朝イチで整形外科へ。
そのクリニックの先生に前夜の話を伝えると、恐らく肘内障だとのこと。そして子供のひじを押さえ強めに捻って靭帯の位置を戻してくれました。恐らくは前夜の先生は捻り方が足りなくて戻しきれてなかったんですね。
子供も痛みのあった時間が長かったせいかそのあともしばらく腕を動かすのを躊躇っていたようだったのですが、待合室にいたおばあちゃんが持っていた孫のアンパンマンの絵本を見つけると、痛かったことも忘れて指さしておりました。欲望が勝るタイプです(笑)
 
 
 
何が言いたかったかというと、肘内障ってのものあるよってことと、本人痛がるけどすぐ治るよってことと、母の違和感は医者の判断を上回ることがあるよってことです。
私の子供たちを取り上げてくれた産婦人科の先生の弟である小児科の先生が、『いつもと違うという違和感を見逃さないようにしてください。お母さんが感じる、何か違うとか、何かおかしい、というのは医者には感じ取れない重要なサインです。』とおっしゃっていました。医者は一般的基本的な見方をするから個人差の部分は見つけにくいし、ましてやものを説明できない赤ちゃん子供ならなおさらなので、おかしいと思ったら躊躇わずに訴えてほしいということでした。
小さな異変や違和感に真っ先に気づけるのは、ママや近くにいる保護者ですからね。
 
異変は気づいて医者に訴えたけど、当の医者が受け取ってくれなかったという私のような人は、その医者を諦めて別のお医者さんに診てもらってくださいね。医者の見解と子供の異変の合致に納得がいけば、少なくとも『その違和感がどうして起こっているかわからない不安』からは解放されますし、『これからどうすべきか』が見えます。
 
 
 
ちなみに最初に診てもらった医者が『肘内障になったら腕は全く動かないはずだ』というのは間違いですからね。ちょっとは動きますし、うちの次女くらい執念があると痛いのを我慢してかなり大きく動かしたりしますから!ただ、曲げると痛いから曲げないようにぶらんぶらんしてしまうだけですよ。
 
あと、小児科では診てもらえないことがあるので事前に電話して確認しましょう。特に夜間等時間外の救急診療は門前払いになることもありますから必ず聞きましょう。時間のロスは痛みを我慢しなきゃならない時間になりますよ。
長女の時に事前に確認して夜間診療可の病院に行ったものの、受付をしてもらおうとしたら入院患者の突然の状態の悪化により診療ができなくなったと言われ、慌てて市の夜間診療の電話番号に電話して別の病院を教えてもらって隣の市の総合病院まで移動したこともあります。万が一に備えてすぐ動けるように気持ちの余裕も必要ですよ。
 
 
 
 
そんな体験に基づく肘内障のお話でした。
 
 
 
 
おしまい。
 
 
 
お読みいただきありがとうございました。
ポチッとしていただけると大変励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
 
 
 
 
 
 
 
 

スポンサードリンク