クリスマスですね。
 
毎年友人からプレゼントが届くのですが、今年は一足早くお皿を頂きました。
 

 
あとフローラルなロクシタンも。
しょっちゅうあかぎれ同時多発テロが勃発する私のハンドには嬉しいプレゼント。ちょうど持ち歩き用のハンドクリームが終わるとこだったのでありがたいタイミングでした。
 
 
このお皿、
 

 
こだわりのある蕎麦屋でてんぷらとかが盛られてそうな雰囲気のある渋いステキな平皿です。径が22.5cmと小さいわけでなく、かといって大きすぎず、食卓で使い勝手の良いサイズ感と形。渦のラインがしっかりと残っており、その溝に釉薬が張られて模様になっているのがまたキレイなんです。
 

 
裏のこのまだらな感じも味があってステキ。
 
 
 
何が嬉しいって、コレ、友人の手作りなんですよね。
友人が時間を見つけてはそのまた友人の陶芸教室に通って作った作品をこうして時々譲ってくれるのですが、回を重ねるごとに作品の質が上がってて本当に貰っていいのかと恐縮するほどです。
 
毎回思うけどこれもう本当に大事に使おう。
気に入って使っているティーマやパラティッシは割れても買い直せるけど、一点物はそれっきりですし、ましてやこれは友人が私の為に?作ってくれた器なのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな友人宛に私が用意したプレゼントは、
 

 
 
中味、まさかの箱。
 

 
鈴木松風堂さんのはがき箱です。
 
 
本当はコチラの柄が欲しかったのだけど、
 

画像お借りしました。
 
最寄りの取扱店では売り切れていたので画像の柄の物をセレクトしました。
 
 
 

紙製品を主な取り扱いとしている鈴木松風堂さんなのでこちらも紙製品ですが、しっかりしたつくりです。
 
 

 
同じ柄の紙製の角皿をセットにしてみました。
 
 

 
これをはがき箱の中に入れて
 
 

 
上からお菓子を詰めて、(ガトーフェスタハラダのラスクがまさかのジャスフィット!)蓋をしてラッピングをして最初のプレゼントの画像に戻ります。
 
 
 
 
箱がプレゼントってどうなのとも思いましたが、結構しっかりした箱ですし、はがき箱とは銘打たれていますが小物をまとめるのにちょうど良さそうなサイズ感だし、柄もかわいいし(一番欲しい物は買えなかったけど)、蓋側の上部表面のほんの少し盛り上がってる感じが触った時に心地よいのが気に入って、『コレだ!』ってなったんですよね。
 
私が現在プレゼントのテッパンにしているのはカステヘルミのキャンドルホルダーなのですが、友人宅に猫ちゃんが2匹いるので、今回は何となく割れ物を避けてこちらにしてみました。
 
愛と勇気と夢と希望を詰め込んで使ってもらえたら嬉しいなと思っております。
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけ。
 
 
子供達へサンタさんからのプレゼントはコチラ。
 
 
 
たまごっちmixが欲しいという5歳児に合わせて、2歳児はアンパンマンのおしゃべりたまご。年齢的にまだ、それぞれの種類がかい離すると必ず取り合いのケンカが始まるので、妹の方の足並みをそろえた次第です。
液晶がメインのおもちゃを買い与えるのはどうかと思って避けていたのですが、サンタさんへのプレゼントのリクエストを確認する度に長女が『たまごっちみっくす!』とブレずに即答するので諦めました。ほどほどに遊んでくれることを期待している都合のいい母です。
 
 

 
ラッピングをして、母お手製のリリアン網のストラップ付き。
この他に、それぞれプリキュアとアンパンマンの絵柄の長靴型の入れ物にお菓子が詰まったやつ(スーパーとかに積んであるよくあるお菓子セット)を買って用意してあります。
子供達はサンタさんが来る日を指折り数えて待っていますが、母も早く渡してあげたいと思ってるよー。喜んでくれるといーなー。
 
 
 
そして自分へのクリスマスプレゼントは前回紹介しました通りアメジストのkiviです。
 

 

お気に入りのウルトラマリンブルーと並べてうっとりしてます。
高かったけど買って良かったー!
 
 
 
 
おしまい。
 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
 
 
 
 
 

スポンサードリンク